日本で住宅の資産価値を高めるために必要な手法を、住宅先進国スウェーデンからお届けします。
Mala Concept from Sweden
トップページ モーラ・グループとは? 会社概要 お問合せ SE
住宅を資産化するために スウェーデン本国仕様の住宅 2+1=3層ガラス木製窓 建材に要求される課題
  主要建材の紹介

  玄関ドア

  窓・テラスドア

  トップライト

  室内ドア

  階段

  フローリング

 造作材

  薪ストーブ

換気システム その他アイテム 実例写真ギャラリー/Facebook 住宅イノベーション お問合せ


  お知らせ スウェーデンの
  住宅・建材情報ブログ

スウェーデンの住宅・建材情報   住宅の資産価値を高める
  ノウハウと実例など紹介
  >詳しくはこちら


  お知らせ メルマガ配信
  スウェーデン住宅・建材
  資産化の情報をお届け!
  <アドレスの登録>

   name:
  
   e-mail:
  
     


  Baby-Board 「Robust」
スウェーデン製オムツ交換台   スウェーデン発の
  かっこいいオムツ交換台
  >詳しくはこちら



  スウェーデン製コテージ
スウェーデン製ログコテージ   スウェーデン生まれの
  愉快なログコテージたち
  >詳しくはこちら



窓周りの造作材

豊かな空間を演出する造作材
巾木や額縁(ケーシング)、廻り縁、パネル、窓台などの造作材は、
豊かな空間を演出するのに欠かせない建材です。

スウェーデンで最もよく使われるのは、パイン材です。
パイン材はやわらかい材質のため加工しやすく、長く使い続けるほどに
その味わいが出てきます。様々な塗装仕上げとの相性も抜群です。

巾木

造作材のつくり込みが空間のデザインに与える影響は大きく、
例えば、造作材のその独特の形状に、太陽や照明が当たることによって
現れる陰影は、時を刻むごとに変化します。
この何気ない有機的な変化が、豊かな空間を演出する一つの要因でもあります。

ここでは、このような存在意義を大切にし、形状一つひとつにこだわりを持った
造作材をご紹介します。その演出を感じとってみて下さい。


建材同士をつなぐリスト
造作材の代表格は、巾木、額縁(ケーシング)、そして廻り縁といったリストです。
これらは同じ空間で使われる異なる建材同士をつなぐ大切な役割をもっています。

巾木

例えば巾木、これはフローリング材と壁材をつなぐために使われるリストです。
このリストが部屋の下端に廻っていることで空間に安定感が出ます。

額縁(ケーシング) 額縁(ケーシング)

続いて額縁(ケーシング)、これは窓やドアなどと壁材とをつなぐものです。
絵画や写真が額に入れられると趣が増すように、窓やドアの存在が明確に主張されます。

廻縁

巾木に対して、天井材と壁材とをつなぐものが廻り縁で、部屋の上端に廻っています。
廻り縁がしっかりとしていることで、落ち着いた空間になります。

代表的な形状:
巾木
 14x65mm ホワイトステイン仕上げ (左)
額縁 16x61mm ホワイトステイン仕上げ (中央)
廻縁 18x65mm ホワイトステイン仕上げ (右)

巾木+額縁+廻り縁



窓周りを演出する窓台
窓周の演出

断熱性が高いスウェーデンの住宅外壁は、分厚い断熱材が充填されているため、
その厚さは、断熱材だけで、20cm〜30cmにもなります。
ということは、外壁全体の厚さはそれ以上になるということです。
これに対して一般的な3層ガラスの窓(窓枠)の厚さは、11cm程度ですので、
窓と室内の壁との間には、大きな空間があります。

この空間を無駄だと思う人もいるでしょう。

しかし、スウェーデン人は、この空間を決して無駄なスペースだと思いません。
この空間によって、住宅の外壁の厚さを視覚的に把握できると同時に、
断熱材の厚さや、構造の重厚さを感じることができ、安心感さえ覚えるからです。

窓周の演出

しかも、演出上手なスウェーデン人は、この空間に照明や小物、
ちょっとした植物などを置いて窓周りを飾り付けします。
季節やイベントによって飾り付けを変えながら、演出を楽しんでいるのです。
その演出に欠かせないものが、窓台というわけです。


面に変化を与えるパネル
天井パネル

平らで単調な天井も、パネルを使うことで空間の印象は大きく変わります。
パネルの使い方は自由で、天井に使えば天井パネル、
壁一面に使えば壁パネルと呼ばれます。壁の下部のみ使うこともあります。
ちょうど腰の辺りまでパネルを使うことから、これは腰パネルと呼ばれます。

一つのパネルは、厚みが12〜15mm程度で、幅は95〜120mm程度です。
この「線」を並べることで面が形成されます。
したがって面の表情というのは、線の形状によります。

ここでは、スウェーデンで代表的な5つの形状をご紹介します。



”ペールスポント” の表情
”ペールスポント” 形状

”パール”型の溝のあるパネル
15x120mm
ホワイトステイン仕上げ(上)
ホワイトステイン仕上げ(右)





”V ファス” の表情
”V ファス” 形状

”V”型の溝のあるパネル
15x120mm
ホワイトステイン仕上げ(上)
ダークグレー仕上げ(右)





”フィンソーガド” の表情
”フィンソーガド” 形状

溝のない粗面仕上げのパネル
15x120mm
ホワイト仕上げ(上)
無塗装仕上げ(右)





”スポールファス” の表情
”スポールファス” 形状

幅広の溝のあるパネル
15x120mm
ホワイト仕上げ(上)
ホワイト仕上げ(右)





”スレートスポント” の表情
”スレートスポント” 形状

溝のないパネル
15x120mm
ホワイト仕上げ*(上)
ブラック仕上げ*(右)
*凹凸表面のアンティーク加工




独創的なラップランド・カラー
ラップランド

北欧デザインが独創的である理由の一つに、「自然素材 x カラー」があります。
どことなく素朴なのに、モダンなセンスを感じます。

パインパネルといった単純な素材でも、ラップランド・カラーで仕上げれば、
透けた木目と独創的なカラーが北欧感を生み出します。

ラップランド・カラー

ラップランド・カラーは、スウェーデン北部に位置するラップランド地方の大自然から
インスピレーションを得た色で、全部で7色あります。


ラップ・イエロー
ラップ・イエロー

Lappspira
(ラップスピーラ)
ラップ・イエロー


ラップ・レッド
ラップ・レッド

Brudkulla
(ブルードキュラ)
ラップ・レッド


ラップ・ブルー
ラップ・ブルー

Fjallklocka
(フィヤルクロッカ)
ラップ・ブルー


ラップ・グリーン
ラップ・グリーン

Fjallkvanne
(フィヤルクバンネ)
ラップ・グリーン


ラップ・グレー
ラップ・グレー

Renlav
(レーンラブ)
ラップ・グレー


ラップ・ダークグレー
ラップ・ダークグレー

Manlav
(マーンラブ)
ラップ・ダークグレー


ラップ・ブラック
ラップ・ブラック

Kolstarr
(コールスタル)
ラップ・ブラック




>パインパネルのカタログを請求する

>造作材に関するお問い合わせ

▲ページトップへ戻る
Copyright  Mala 2009  All rights reserved