日本で住宅の資産価値を高めるために必要な手法を、住宅先進国スウェーデンからお届けします。
Mala Concept from Sweden
トップページ モーラ・グループとは? 会社概要 お問合せ SE
住宅を資産化するために スウェーデン本国仕様の住宅 2+1=3層ガラス木製窓 建材に要求される課題 換気システム その他アイテム 実例写真ギャラリー/Facebook 住宅イノベーション お問合せ


お知らせ スウェーデンの
住宅・建材情報ブログ

スウェーデンの住宅・建材情報 住宅の資産価値を高める
ノウハウと実例など紹介
>詳しくはこちら


お知らせ メルマガ配信
スウェーデン住宅や建材、
資産化の情報をお届け!
<アドレスの登録>

name:

e-mail:



Baby-Board 「Robust」
スウェーデン製オムツ交換台 スウェーデン発の
かっこいいオムツ交換台
>詳しくはこちら



スウェーデン製コテージ
スウェーデン製ログコテージ スウェーデン生まれの
愉快なログコテージたち
>詳しくはこちら





モーラ・グループとは?

「モーラ」とはスウェーデン語で、
「色を使う」・「彩る」・「何かを創造する」といった意味があります。

私たちモーラ・グループは、スウェーデンの文化を使い、日本の住宅を彩り、
日本に豊かな住文化を創造したいと願っています。


モーラ・グループとは?


モーラ・グループとは、住宅先進国スウェーデンの住宅哲学、ノウハウ、建築技術、
住宅、建材を基に、日本の住宅づくりを変革していくグループです。


日本では、住宅の耐用年数が約30年、中古住宅取引戸数が約12%、
ローコスト住宅の一般化、負担が重くリスクの高い住宅ローン・・・これらはすべて
「住宅が資産化されていない」がために起こってしまっている現象です。

これに対し、スウェーデンをはじめ欧米諸国では、
住宅の耐用年数が80〜100年、中古住宅取引戸数は70〜90%、住宅には十分な
お金をかけているにもかかわらず、負担が軽くリスクの低い住宅ローン・・・
といったように日本とは対極の状態にあります。


日本の住宅は、耐震技術、造作技術、太陽光発電や余剰電力売買のインフラなど
欧米諸国を圧倒するノウハウや技術をもっています。

しかしながら、これらは部分的なものであって、
住宅のあり方や、多角的に住宅をどのように構築すべきであるか?といったような
全体的な創造思考が現在の日本の住宅には欠けてしまっているのです。

全体的な創造思考、特に、本来、住宅には資産価値があり、
住宅は親から子へ、人から人へと世代を超えて受け継がれていくもの。
そしてこの資産価値は、国の社会資産として、国民の生活を豊かにする基盤である。
ということは思考の中枢であり、これらを前提に住宅を構築していく必要があります。

そうすれば日本の住宅も加速的に資産価値を高め、近い将来、
住宅は資産化され、欧米のように「豊かな住文化」を実現できるでしょう。


ところが、実は、現在の日本の最も大きな問題というのは、
「ほとんどの人がこのことは理解できるのに現状を変えられない」ということです。

住宅を買う人も、住宅を売る人も、
「悪循環のスパイラル」にはまってしまっているといえるでしょう。

では、どうすればよいか?というと、
まず、住宅を買う人は、全体的な創造思考をしっかりと学ぶことです。

そもそも住宅は、何千万円もするもので、一生の買い物で最も高いものの一つですね。
住宅は30年だけ使う消費型商品ではなく、長く使っていける投資型商品であり、
住宅は本来、人生の資産形成の一つでもあるのです。
こういった思考を知らずに住宅を建てている私たちは莫大な損をしてしまっているのです。


そして結局のところ、この悪循環のスパイラルから脱却するためには、
まずは、「高い資産価値を生み出す住宅(資産化住宅)ありき」ということなのです。

住宅を売る人が資産化住宅を提供しなければ何も変えることはできない・・・
ということですね。

この変革を実行可能な存在とは、他でもない住宅を売る人、
つまり、建築業者ということです。

そしてその変革を実行している建築業者の集まりが「モーラ・グループ ジャパン」です。
住宅は、建てる地域の特性によって求められる条件も変わってきます。
当然、アフターメンテナンスも必要ですね。


「モーラ・グループ ジャパン」は、
スウェーデンの住宅哲学、ノウハウ、建築技術、住宅、建材を取り入れながら、
各地域の特性に合わせて、住宅の哲学・ビジョンを確立し、
オリジナルの資産化住宅を提案しています。


一方、常に進化し続けているスウェーデンの住宅・建材、ノウハウ、建築技術を
日本へ提供してくれるスウェーデン現地の住宅メーカー及び建材メーカーの集まりが
「モーラ・グループ スウェーデン」です。

このようにモーラ・グループは、「モーラ・グループ ジャパン」と
「モーラ・グループ スウェーデン」から成り立ち、
日本の住宅づくりを変革していきます。


「モーラ」とはスウェーデン語で、
「色を使う」・「彩る」・「何かを創造する」といった意味があります。

私たちモーラ・グループは、スウェーデンの文化を使い、日本の住宅を彩り、
日本に豊かな住文化を創造したいと願っています。


モーラ・グループ代表
金井田晃央


▲ページトップへ戻る
Copyright  Mala 2009  All rights reserved