日本で住宅の資産価値を高めるために必要な手法を、住宅先進国スウェーデンからお届けします。
Mala Concept from Sweden
トップページ モーラ・グループとは? 会社概要 お問合せ SE
住宅を資産化するために スウェーデン本国仕様の住宅
 KarlsonHus

  独創的なデザイン

  最高のパフォーマンス

 テクノロジーの集結

 KarlsonHusをあなたへ

2+1=3層ガラス木製窓 建材に要求される課題 換気システム その他アイテム 実例写真ギャラリー/Facebook 住宅イノベーション お問合せ


  お知らせ スウェーデンの
  住宅・建材情報ブログ

スウェーデンの住宅・建材情報   住宅の資産価値を高める
  ノウハウと実例など紹介
  >詳しくはこちら


  お知らせ メルマガ配信
  スウェーデン住宅・建材
  資産化の情報をお届け!
  <アドレスの登録>

   name:
  
   e-mail:
  
     


  Baby-Board 「Robust」
スウェーデン製オムツ交換台   スウェーデン発の
  かっこいいオムツ交換台
  >詳しくはこちら



  スウェーデン製コテージ
スウェーデン製ログコテージ   スウェーデン生まれの
  愉快なログコテージたち
  >詳しくはこちら



EKOMER KarlsonHus KarlsonHus

お届けするのは「Life Quality」    「KarlsonHus」とは?    次世代を見据えた住宅哲学

伝統から現代の造形をつくる    最先端住宅「EKOMER」


”EKOMER”とは・・・

”EKOMER”とは・・・
「EKOMER」(エコメール)とは、KarlsonHusが開発した環境に優しく
省エネルギーなスウェーデンの最先端住宅の一つです。

「EKOMER」は直訳すると、「Eco More」となり、
「エコをもっと」といったような意味があります。

では、どのような点が最先端であるかというと、

・ 超高断熱仕様による暖房エネルギーの抑制
・ 環境に優しい建材で住宅をつくる
・ 住宅の製造・建築過程におけるエネルギー削減
・ 自然エネルギー(太陽熱・地中熱)の利用

といった技術を統合し、いち早く商品化しました。

EKOMERは、住宅先進国スウェーデンにおいて、
もともとレベルが高い一般的な住宅のさらに先をいく次世代型住宅であり、
スウェーデンのみならず、ヨーロッパでも高い評価を得ています。

実際にスウェーデンで建築されたEKOMERでは、
暖房エネルギーが一般の住宅よりも50〜70%削減されたというデータが出ています。
これに対し、EKOMERの価格は、一般より15%程度割り増しとなり、
約10年程度で初期投資分は回収できる計算です。

しかし今後、電気やガス、灯油の価格が上昇していくことを考えれば、
もっと早く初期投資分は回収できることになり、EKOMERのような住宅が
一般化されるのもそう遠くはないでしょう。


燃費のよい住宅 燃費のよい住宅
環境に優しく経済的な車として、
ハイブリッドカーや電気自動車など、燃費の よい車がどんどん開発されていますね。

これと同じように、環境に優しく経済的な
住宅としてスウェーデンでは燃費のよい
住宅が開発されています。

車であれば、「1Lで何km走行できるか」
と燃費表示されますが、住宅の燃費は
どのように表示されるのでしょうか?

実は、スウェーデンでは、建築基準法に
おいて最高燃費基準というのが地域別に
定められており、基準値以上の燃費の
かかる住宅は現在建築できない・・・
規則となっています。

現行の一般的な基準レベルは、
「110 kwh/m2/year」であり、
これは住宅の床面積1m2当たり、1年間における暖房エネルギーが110 kwhを
超えてはいけないというものです。

これに対し、KarlsonHusのEKOMERは、「30〜60 kwh/m2/year」といった
レベルに位置し、この基準を大幅にクリアしているのです。


驚くべき断熱性能 驚くべき断熱性能
燃費をよくするためには、
住宅の断熱性を上げる必要があります。
スウェーデンの一般的な住宅の外壁が、
24cmの断熱材厚に対し、EKOMERは、
30cmが標準仕様です。

日本の住宅では、高断熱仕様といっても
12cm程度ですから、いかに分厚い外壁で
あるかが想像できますね。当然、屋根天井・
床下にも十二分な断熱材を充填しています。

窓やドアといった開口部の断熱性能も
重要です。EKOMERでは、
熱貫流率が1.0〜1.2 w/m2kの窓が採用されています。

日本の高断熱仕様の窓は、
2.0〜2.5 w/m2k程度ですから、窓からの熱損失は半分程度に抑えられる計算です。

この断熱性能を発揮させるためには、住宅の気密性能も上げなければいけません。
隙間風があっては元も子もありませんね。
そして同時に、計画的に換気もする必要があります。
そのためEKOMERでは、熱交換型換気システムというのを採用しています。

これは排気する空気の熱を、住宅に取り込む外気に受け渡せる(熱交換)
システムで、最大約90%の排気熱を再利用できるものです。

このようにして、驚くべき断熱性能を実現しているわけです。


自然エネルギーの利用 自然エネルギーの利用
住宅を超高断熱化することで、
外壁や屋根天井・床からの、
そして窓やドアといった開口部からの
熱損失は大幅に抑制されます。

さらに高性能の熱交換換気システムを
使えば、換気による熱損失も大幅に
抑制され、住宅の燃費はよくなって
いきますね。

しかし、これらは住宅内部の熱を保温
しているに過ぎません。保温能力が
抜群によいだけで、みずから発熱する
わけではありません。

そこで、EKOMERでは、
自然エネルギーを積極的に利用しています。

例えば、太陽熱や薪ストーブ(ペレットストーブ)でお湯を温め、
そのお湯を暖房やシャワーなどに利用します。この他、地中熱を利用して暖房をしたり、
シャワーの排水から熱を回収するシステムもあります。

こうして、保温能力を抜群に上げた住宅に、
自然エネルギーを利用した発熱システムを組み合わせることで、
EKOMERは、驚異的な燃費のよい住宅になっているわけです。


地球環境にやさしい建材

地球環境にやさしい建材
KarlsonHusが考える地球環境にやさしい建材とは、
地球環境に負担をかけない建材です。

住宅の構造をはじめ、あらゆるところに再生可能な資源である木を使っています。
それは目に見える建材だけでなく、例えば壁の下地を目的とした材として、
製材過程における端材も有効に使っています。

写真の軽石のようなものは、瓶を再利用してつくった基礎用断熱材です。
通常は化石燃料の発砲プラスチック系の断熱材が使われているため、
瓶のリサイクルと化石燃料からの脱却という点で、
地球環境への負荷を減らしているわけですね。

また、EKOMERでは、断熱材も積極的にセルローズファイバーを採用しています。
セルローズファイバーとは、新聞古紙を再利用した天然の木質繊維の断熱材です。

このような一つひとつの取り組みを、考えるだけでなく、
実際に実行していく姿勢が高い評価を受けているゆえんといえるでしょう。


>Next. 独創的なデザイン

>スウェーデン本国仕様の住宅に関するお問合せ

▲ページトップへ戻る
Copyright  Mala 2009  All rights reserved