日本で住宅の資産価値を高めるために必要な手法を、住宅先進国スウェーデンからお届けします。
Mala Concept from Sweden
トップページ モーラ・グループとは? 会社概要 お問合せ SE
住宅を資産化するために スウェーデン本国仕様の住宅
 KarlsonHus

  独創的なデザイン

  最高のパフォーマンス

 テクノロジーの集結

 KarlsonHusをあなたへ

2+1=3層ガラス木製窓 建材に要求される課題 換気システム その他アイテム 実例写真ギャラリー/Facebook 住宅イノベーション お問合せ


  お知らせ スウェーデンの
  住宅・建材情報ブログ

スウェーデンの住宅・建材情報   住宅の資産価値を高める
  ノウハウと実例など紹介
  >詳しくはこちら


  お知らせ メルマガ配信
  スウェーデン住宅・建材
  資産化の情報をお届け!
  <アドレスの登録>

   name:
  
   e-mail:
  
     


  Baby-Board 「Robust」
スウェーデン製オムツ交換台   スウェーデン発の
  かっこいいオムツ交換台
  >詳しくはこちら



  スウェーデン製コテージ
スウェーデン製ログコテージ   スウェーデン生まれの
  愉快なログコテージたち
  >詳しくはこちら



EKOMER KarlsonHus KarlsonHus

お届けするのは「Life Quality」    「KarlsonHus」とは?    次世代を見据えた住宅哲学

伝統から現代の造形をつくる    最先端住宅「EKOMER」


”KarlsonHus”とは・・・

”KarlsonHus”とは・・・
「KarlsonHus」(カールソン・ヒュース)とは、
スウェーデンを代表する住宅メーカーの一つです。

「Karlson」(カールソン)は、創設者(現CEO)である
Kennet Karlsson(ケネット・カールソン)氏の名前に由来し、
「Hus」(ヒュース)はスウェーデン語で「House」という意味です。
直訳すると「カールソンの家」となりますね。

KarlsonHusは1962年創立で、環境・デザイン・品質に対して、
常に将来を見据えた住宅哲学を考え続けています。
そして、住宅一つひとつに、その魂をこめて「カールソンの家」を生み出しているのです。

KarlsonHusは現在、「環境に優しい魂のこもった家」を連想させるブランドとして
スウェーデンのみならず、ヨーロッパにおいても高い評価を受けています。


伝統とテクノロジー

伝統とテクノロジー
KarlsonHusが創立した1962年以後、
スウェーデンの住宅業界には様々な変革が起こっています。

断熱基準の強化、換気基準の改定、新しいスタイル、トレンド、建材、
そして住宅に対する要望もこれまでと大きく変化した時代です。

スウェーデンといえば世界でも、最も断熱・気密性の高い住宅として
知られていますが、オイルショック以後の1970年代後半には、
すでに現在の基準のほとんどが確立しています。

ようやくこれらの基準が定まってきた日本と比べると、
この分野において日本はスウェーデンより30年の遅れをとっているといえるでしょう。

そしてKarlsonHusがこの時代に対して出した答えは、

・ 時代の流行に左右されない「伝統的な造形」を基本軸におくこと
・ 時代の要求を先読みする「最新のテクノロジー」を取り入れていくこと

ということでした。

こうしてKarlsonHusはこの変革の時代を乗り越え、
今度は、「環境と住宅」という時代へ挑戦し続けています。


ヨーロッパで認められた住宅

ヨーロッパで認められた住宅 ヨーロッパで認められた住宅
KarlsonHusは、その住宅の多くを、ドイツ、イギリス、
ノルウェー、オーストリア、アイルランドなど
ヨーロッパへ輸出しています。

現在、KarlsonHusは、国別(市場別)に、複数の
住宅製作工場とパートナーシップを築いています。

KarlsonHusは、住宅メーカーとしてスウェーデンで
初めてその商品(住宅)にCEマーキングを取得し、
EOTA認定も受けています。

また、スウェーデン国立試験研究所(SP)により
ISO14001を取得している企業でもあります。

CEマーキング
すべてのEU加盟国の基準を満たすものに付けられるマーク

EOTA
欧州技術認証機構

ISO14001
環境マネジメントシステム
環境へ負担をかけない取り組みを社内的だけでなく対外的にも
行っている企業を証明する国際的な規格


“オスカー賞”受賞の実力

“オスカー賞”受賞の実力
木造住宅メーカーが「オスカー賞」を受賞

写真:Kennet Karlsson(ケネット・カールソン)社長

Aseda(オーセーダ:スウェーデンの都市名)のKennet Karlsson氏が
今年の発展投資部門で森林産業のオスカー賞を受賞した。
Kennet Karlsson氏は木造住宅メーカー「KarlsonHus」(カールソン・ヒュース)の社長。
化石燃料の発砲プラスチック系の代わりに瓶を再利用した断熱材を用いた
「Ekomer」(エコメール)という彼の住宅商品開発が着目された。

受賞の主な要因は、彼の木材産業における新しい考えと発展、
そして技術と材料に対する大きな将来の可能性を切り開いたことである。
森林産業賞は業界をリードするビジネス誌の北欧新聞によって運営されている。

スウェーデンラジオ社の記事より


スウェーデンから世界へ

スウェーデンから世界へ
KarlsonHusは現在、ヨーロッパ各地の建築家・建築業者と一緒に、
その国の風土・建築基準に合わせた住宅をデザインし、
その住宅を、スウェーデン本国仕様でつくり上げています。

わかりやすくいうと、和風デザインの住宅を、
日本の風土・建築基準に合わせたスウェーデン本国仕様でつくるということです。

何が違うかというと、和風住宅でありながら、
スウェーデンと変わらない性能・品質・耐久性をもっている・・・ということでしょう。

ヨーロッパへは、住宅・建材一式をトラックに積み込んで現場にお届けしています。
コンテナを使えば、船に載せて、世界中へと運べます。

そう、日本へも運べるのです。
いつか、あなたへ「カールソンの家」をお届けできることを願って・・・。


>Next. 次世代を見据えた住宅哲学

>スウェーデン本国仕様の住宅に関するお問合せ

▲ページトップへ戻る
Copyright  Mala 2009  All rights reserved