家にいながら、北欧の香りに包まれる暮らし。それは現代民家「素足の家」です。
現代民家 家にて森に住む「素足の家」
プロデューサー お問合せ SE
素足の家とは? 5層スキップフロアー 梁と柱の集成材構造 スウェーデンの建材 施工例を見る プロデューサー お問合せ

素足の家
「素足の家」プロデューサー:鶴谷義勝
プロデューサー

鶴谷義勝
Yoshikatsu Tsuruya


現代民家「素足の家」の生みの親、鶴谷義勝。

自ら北欧数カ国を旅し、良質のスウェーデンの
レッドパインに辿りつく。「素足の家」では、
「住まいは人格形成の場」という理念を設計に
反映させ、スウェーデンやフィンランドの
最高品質の建材を用い、素材選びを徹底している。

木に関する最先端科学と伝統民家の匠の技を取り入れ、
日本の風土(気候や生活習慣)も活かされている。

現代民家「素足の家」は、鶴谷義勝が考案したオリジナルブランド。
現在は、プロデューサーとして、工務店や建設会社と協力しながら
多方面で「素足の家」を手がける。



「素足の家」のコンセプト

日本の家づくりの歴史の中で、「子供部屋」の存在に注目しました。
カギ付き、TV、エアコンはもちろん、限られた敷地にも関わらず玄関から直接
子供部屋に行けてしまい、家族とのコミュニケーションを断ってしまう家づくり。
すだれやふすまなどで柔軟に間仕切りされていた日本の住宅を根底から
覆してしまったのが現在の住宅です。

家全体をひとつの空間としてとらえること。そこには、堅く閉ざされたドアも、
天井から床まで完全に仕切られた壁も存在しません。
気配が分かり、食事の香りが漂う家。本当に「家族」のことを考えたら、
スキップフロア設計が誕生しました。

更に、素材選びも徹底的に。
木の美しさ、力強さを全身で感じられ、住まうほど肌になじみ、
味わいが増すのは本物の無垢材を使用しているから。梁や柱がむきだしの構造からは
ごまかしのない住まいづくりが見てとれることでしょう。

「家」は「家族」のものです。健康に暮らせ、安心と安らぎを得るための「巣」には、
やはり健康素材である自然の材料を用いるのが最適なのです。



>「素足の家」に関するお問合せ
▲ページトップへ戻る
Copyright  Mala 2013  All rights reserved